*「シター」という楽器をご存知ですか

                                                               シターは旧約聖書にも出てくる古くからある弦楽器の1種です。

                           現在あるシターは1885年頃、ドイツで改良、普及した和音付きのチターが

                           原点です。フランスの修道女が再発見したことで、教会で使われよさらに改良され

           1983年、12和音がついているシターの原型が完成しました。
           「シターは古くて新しい楽器」です。

 

              *「シター」との出会い

                            

         大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ科卒業。卒業後、ピアノ講師、       

                        演奏活動をしていました。

                       主人の海外赴任で3年間、フランスに住むことになりました。                  

                                                                  バカンスで立ち寄ったブルゴーニュ地方のヴェズレーという小さな村にユネスコ           

                                                                   の世界遺産に登録されているサントマドレーヌ大聖堂がありました。

                                                                  ヴェズレーはスペインにあるカトリックの聖地、サンティアゴ デ コンポステーラへの

                                                                  巡礼の道のフランス側からの出発地点の1つです。                 

                                                                 その大聖堂で、修道士が弾いて下さった「シター」の音色に魅せられました。

                                                                 それから、週末など修道院の宿舎(巡礼者のための施設です)に宿泊し、レッスンを受けてきました。
                                                                 ミサ、食事、ティータイムなども修道士の方々と本当に生活の一部分ですが、

                                                                 ご一緒させていただきました。  この経験が「シター」という楽器のイメージを持ち続けられていることだと思います。
                                                                 また、フランス人マダム達と一緒に練習し、グループレッスンも経験しました。
                                                                 人種も違う、職種も違うのですが、「シター」が共通点ということで、すぐにうちとけることができました。
                                                                 帰国後も、また、ヴェズレーに行き、レッスンを受け、いろいろな場所でコンサート
、ライブ病院での音楽ボランティアで                                                                「シター」を弾かせていただいております。     

                     

                                                AMIS de la CITHARE   (フランス・シター協会会員)           シター奏者      中川 啓子 

                                私の音楽感 

                                                          

           長い間、ピアノを媒体として、音楽を捉えていました。 それが、フランスに住んでから

           変わりました。 フランスでは、楽器をする人、しない人、関係なく、楽しんでいました。  

          「生活の中に音楽がある」という気がしました。 例えば、メトロ(地下鉄)のホームやメトロの中で

          は、メトロのオーディションに受かり、許可証をもらった人たちが、色々な楽器をひiいていました。

          私たちもいつも音楽を聞くことができました。  なかなかお目にかかれない民族楽器も目の前で、ということです。  

                            また無料のコンサートが多かったです。

                              ピアノのレッスンに行って思いましたが、先生のことを皆さん「ファーストネーム」で呼び合います。 

                            最初は驚きました。日本では「先生」としか呼びませんよね。 フレンドリーでした。

                            先生(日本人らしく呼びます)は、作曲家ラヴェルの最後の弟子のピアニスト、ペルルミュテール

            に師事し、 毎週のように14世紀の古い教会でオールショパンのプログラムで

             コンサートを開き、サルガボー(パリ市内にある有名なコンサートホールです)でリサイタルを

                               開きます。 私も先生のところでレッスンを受けることにしました。

                              以前から、ピアノコンサートを聞きに行き、外国のピアニストと日本のピアニストの音の違いに疑問を持っていました。  

                               レッスンを受けて、わかりました。  「弾き方が根本から違う。」のです。 苦労しました。 

                               初心者に戻って、弾き方を教えていただきました。 とても楽な運指になりました。 

                                                                   今、 この運指を特に「大人の方のピアノレッスン」に取り入れています。 

                                                          それと、大きく変わったのは、「音楽は、楽しまないとということです。 

                                                          先生の生徒さんは、主婦、数学の先生、会社の社長、小学生、など、年齢層はばらばらでした。

                                                          年1回の発表会があるのですが、皆さん平気です。プレッシャーなどかかってないようで

                                                          「自分の弾きたいように弾く」方が多かったです。しかし、ミスはあるもののいるのではなく

                                                          「魅力的」なのです。  とても 「個性的」に感じました。    お見事!  ここで思いました!

                                                                                                       「音楽は楽しまないと」 と。 

                                                           私は、生徒さんに対しては、「音楽は楽しまないと」を大切に思ってレッスンしています。

                                                           生徒さんと言いましても、人生の先輩方々、88歳のマダムもおられます。

                                                           姿勢正しく、演奏なさるご様子は、とてもお年には見えません。

                                                           お話しの端々にこちらが学ぶことが多く、人生勉強させていただいております。

                             また、私の年に1回の生徒さんの発表の場も面白いということで、今では、その会のファンの方もできました。

 

フランス生活の中、出会ったのが「シター」でした。   この楽器は、特別で、修道院に通って                 

レッスンを受けるという形でした。 グループレッスンも、カトリック信者さんが多く、私のように音色に

魅せられてレッスンに通うアジア人はいませんでした。  その中に入っていくのは、緊張もしました                          

が、やさしく受け入れてもらえました。

ここでも感じたのは、「音楽は楽しまないと」ということです。 何か楽器ができて来られる方も

いらっしゃいますが、音符を読めない方も多かったように思います。

でも楽しんでいらっしゃいました。

忘れられないのは、ミサの中で3人の生徒+先生でデュオをした時、緊張のあまり、彼女たちの

シターの弦の上においた指の震えがとまらなかったことです。顔もこわばって・・・・。

反対に私が励ましました。    この時、フランス人の動揺を初めてみました。

案外、ピアノの発表会の時もそうだったのかもしれませんね。

帰国後、「シター」で病院の音楽ボランティアもしています。

初めてのホスピスのボランティアの時に患者さんにかけていただいた言葉が忘れられなくて、

そう思って聞い下さったかと思うと感激で、帰路は、運転しながら、涙がとまりませんでした。

その言葉とは、        「明日の生きる糧ができました。」

こちらこそ、明日へまた、ずっーと弾き続けていきたいと思っています。

 大阪音楽大学音楽学園ピアノ認定講師 

AMIS de la CITHARE  (フランス ・ シター協会会員)

日本音楽療法学会正会員              中川 啓子

                                                                                                                                                                                                    

                                                                        *CD「シター ファースト インプレッション」

              

                

                シターと出会って10年たちました。アドバイスや応援して下さって方々のおかげで

                ようやく出来上がりました。

                                          音楽評論家の日下部 吉彦先生に、お言葉をいただき、ライナーノートを書いて

                                           いただきました。

                                          初めてシターの音色を聴いた時のあの「第1印象」をクラシックの曲にこめて収録しました。

                                                   「アヴェマリア」「主よ、人の望みのよろこびを」「G線上のアリア」「カノン」など

                一人でも多くの方々に聞いていただきたいと思っております。

                 ご購入いただいた方々から「癒されました」とご感想をいただいております。

                また、入院なさっておられるお友達にも聞いていただいて「気持ちよくなりました。」と

                                        ご感想をいただきました。

                                   ありがとうございました。

                   また、CDの発売を「朝日ファミリー」2013年10月25日号のインフォメーションに掲載していただきました。

                   ご購入は、「お問い合わせ」の項目からお申し込みをお願いいたします。

                   送料無料でCDと振込用紙を同封してお送りさせていただきます。

                   また、次の場所でもCDをご購入できます。

 *国立民族学博物館ミュージアムショップ    5658511大阪府吹田市万博公園10-1              TEL06-6876-3112FAX06-6876-0875                   *世良美術館 (月・火とコンサート日休館)  658-0047神戸市東灘区御影2-5-21         TEL078-822-6456 FAX078-843-4834   http://www.osk.3web.ne.jp/~amon4696

                                                                                 *主な出演コンサート

               フランス、ヴェズレー、サント=マドレーヌ聖堂のミサでシター演奏                                      

帰国後、大阪、吹田市主催の「ワールド ミュージック シリーズ」「おひるまコンサート」

                   メイシアター
                   「国立民族学博物館友の会発足30周年記念式典」で、国立民族学博物館講堂
           「賛美歌フェスティバル」大阪クリスチャンセンター
           在大阪ロシア領事館「クリスマスコンサート」  

           東京古典楽器主催コンサート  東京新宿オペラシティー近江楽堂
           神戸御影『世良美術館』にて世良美術館20周年記念コンサート
           奈良 秋篠音楽堂マンデーサロンコンサート

           京都日仏学館 ロマンロラン朗読会とシターコンサー

                 大阪中央公会堂 ONE COIN 見学会&コンサート 中集会室にてシターコンサート

           大阪いずみホール「ビバーチェコンサート」2台のピアノで出演。

                                   大阪倶楽部「アンソロジーコンサート」でピアノデュオで毎年出演。

                                   「震災ヴァイオリンプロジェクト 千人につなぐ絆」にピアノ伴奏で参加。 

                                                                     

         *これからのスケジュール 

          

                     *2014年12月23日(祝)大阪市中央公会堂ONE COIN 見学会&コンサート2014                                                                                                              開場13:00  閉館20:00  入場料 500円           問い合わせTel.06-6208-2002  大阪中央公会堂 

                       「シター演奏」  中集会室  18:00  19:00  2回演奏

                   *2015年2月7日(土) 中川啓子 シターワークショップ  13時~ 

                   会場  音楽アートサロンノワ・アコルデ 参加費 1500円        豊中市服部本町 2-5-24 TEL:06-6862-8855  

                  *2015年2月19日(木) リーガクラブ講座   13時30分~15時 

                    会場 リーガロイヤルホテル ダイヤモンドルーム(ウエストウイング2階)  

                    会費 会員無料    同伴ビジター 2100円 一般3100円     お申込みはリーガクラブ06-6441-1727

                                                *2015年4月4日(土)  シターライブ&ワークショップ  13時30分~   チャージ2500円(ワンドリンク付)

                            中崎町カフェギャラリーTINA LENTE  ティナレンテ      TEL06-6359-2448  

                                                *2015年5月23日(土)24日(日)  ラ ミュズィクマルシェせんり   11時~16時                                     

                             北大阪急行千里中央  せんちゅうぱる北広場   モンゴルのゲルの中でシターを演奏

                  *2015年6月1日(月)  写真の日 ミュージアム コンサート  14時~14時30分   

                    入江泰吉記念奈良市写真美術館1Fエントランスホール  奈良市高畑町600-1    TEL.0742ー22ー9811

                  *2015年7月11日(土)   サマーコンサート クラシック ガラコンサート&ガーデンパーティー  16時~

                    在大阪ロシア連邦総領事館  豊中市西緑が丘1-2-2   演奏会 4000円 ガーデンパーティー 3000円

                                             *2015年8月8日(土)    夏の夕べのコンサート  シターの典雅な響き   18時開演      無料

                    福島県文化センター      福島県春日町5-54  主催 福島県立美術館友の会 福島県立美術館協力会

                                                           福島県立美術館

                  2015年12勝19日(土)  奈良市国際音楽交流協議会クラブツーリズム・カフェコンサート 14時開演  500円 

                     奈良近鉄ビル5階 クラブツーリズム奈良旅行センター  予約   TEL. 0742-90-1000                                       

         

                                        

                                         * お問い合わせ     

                                                                                             

                        

 
* は入力必須フィールドです